幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【flower fairies】第1話

    青い月の夜のこと。森の中で3人の花の妖精が話し合いをしています。「この間町はずれを飛んでいたら、とても庭が荒れ果てた家を見かけたわ」「ああ、私も気になっていたの」「あの家はおじいさんが一人で住んでいるよ。

  2. 物語【どこかで誰かが】第2話

    今夜もそんなひとりぼっちの夜。店から帰ると、おかみさんが持たせてくれたパンと野菜のスープで夕食をすませ、何をするでもなくあっというまに夜は更けて行きます。「明日も朝早いし、もう眠らなくちゃ」そう思うのだけれど、目は冴えるばかり。

  3. 物語【希望の歌】第5話

    僕たちはすべての大人たちに集まってもらった。「魔の谷へ降りたのかい?」「言いつけを守らなくてごめんなさい。でも、僕たちは希望の箱を見つけたんだ!ほら、この箱の蓋を開けると、素晴らしい世界にかわるんだよ!」あ、その箱は…大人たちの空気が一瞬和らいだ。

  4. 物語【good night】最終話

    ねえねえ聞いて、私の話。私の旅はもうすぐ終わる。私はここで眠ることにするわ。ここってどこ?って聞かれたら、それはこのカラスウリの花って答えるの。私にはたくさんの出会いがあった。優しさ、喜び、悲しみ、怒り、愛…たくさんの人からたくさんの光を受け取った。

  5. 物語【どこかで誰かが】第1話

    月の綺麗な夜、もう真夜中になろうという頃のことです。ある街で1人の少女が寝つけずに夜空を見上げていました。少女は、昼間は通りのはずれのパン屋で、バターたっぷりのクロワッサンや甘い香りのジャムが乗ったデニッシュパンを売る仕事をして、この街で一人で暮らしています。

  6. 物語【希望の歌】第4話

    どれくらい進んだだろう?やがて僕たちは多分谷底の中心であろう、少し広い空間にたどり着いた。暗闇に慣れた目と、細々と燃え続けるたいまつの火を頼りにあたりを見回すと、ごろりと転がった大きな石の上に、小さな箱を見つけた。希望の箱。この箱を開くと悲しみに覆われた世界が変わる。

  7. 物語【good night】第4話

    ある町で出会ったある人は、私に怒りを教えてくれたの。その人の火の玉みたいな怒りの光は、私の心の中にも炎を放った。私はその光を受け取ると、そのエネルギーを空に放ち、私自身を照らしたの。まるで身を焦がす真夏の太陽みたいに。

  8. 物語【誰も知らない】最終話

    この森に春が来ました。居心地の良い土の中から旅立つ時がやってきたのです。土の外はどんな匂いがするのかしら?どんな風が吹いているのかしら?土の中から這い出た私は、生まれて初めて羽を広げ、まだ少し冷たい春の空気を吸い込みました。今、世界のすべてが、私に手を差し伸べています。

  9. 物語【希望の歌】第3話

    魔の谷には絶対に行ってはいけない。小さな頃から大人達から厳しく言われていたけれど、鞄に数日分の水とパンを詰め込むと、僕と仲間たちは魔の谷へ向かった。長く険しい道を、ゴロゴロと転がる石に足を取られながら歩き続けた。

  10. 物語【good night】第3話

    ある町で出会ったある人は、私に喜びを教えてくれたの。その人の虹色に輝く光で、私の心もワクワクした嬉しい気持ちでいっぱいになった。私はその光を受け取ると、くるりと一回りして自分の心にポーンと放り込んだわ。まるでダンスを踊るみたいに。

ページ上部へ戻る