幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【night piece】最終話

    「私の飼い主は一人で暮らしていた時だって、とても幸せそうだったよ。自分を愛して慈しんでいたからね」「その人は…1年前に亡くなったの?」「いや、元気だよ」猫がニヤリと笑いました。「1年前に王子様が現れて、一人暮らしではなくなったのさ。

  2. 物語【見知らぬ雨】第1話

    ある街を、女の子が1人歩いていました。足もとの石畳は雨に濡れ、通りを行く人々は足早に家路を急いでいます。女の子にとっては初めて訪れる街。まるで降りしきる雨さえも、見知らぬ他人の顔をしているようです。女の子は身の回りのものが入った鞄を背負い直すと、冷えた手に息を吹きかけました。

  3. 物語【日傘】第1話

    いつもの時間、もう数ヶ月も閉じたままの窓から、外を覗く。小さな裏庭の低い垣根の向こうを、あの人が通り過ぎて行く。彼女の背景を彩る、通りを挟んだ竹林の竹のように、いつでもすうっと背筋を伸ばしまっすぐに前を向いて歩いていく。こちらに目を向けることはない。

  4. 物語【night piece】第5話

    「彼女にだって長い人生の中では色々なことがあっただろう。だけど、家を花で飾り、いつでもきちんとおしゃれして、お気に入りのカフェでお茶を飲み、1人で夕食を食べる時もきれいに盛りつけて、豪華じゃないけど自分のために美味しいディナーを用意して。

  5. 物語【キャンディ】最終話

    大人になった私には、たくさんの友達ができました。おばあちゃんは相変わらずおしゃれで、近所の人に頼まれては細々したものを縫い、ささやかな生活を楽しんでいます。私はお給料が出ると、美味しいお茶とおばあちゃんの大好きなお菓子を買って、おばあちゃんの部屋を訪ねました。

  6. 物語【すずらん】最終話

    その男の子、悪い人には見えなかったし、実を言っちゃうとちょっと好みだったんだけどね…。少しくらい一緒にお茶してもよかったかしら?なんでいつも毒発言しちゃうのかしら?あたしって気が強い割に、時々自分の毒で傷ついちゃうの。

  7. 物語【night piece】第4話

    「君がなぜ寂しいのかわかるかい?君が寂しいと思っているからだよ」私をじっと見据える猫の目がきらりと光りました。「この家は私の飼い主の家さ。飼い主はとてもかわいい老婦人だよ。

  8. 物語【キャンディ】第4話

    おばあちゃんがくれたキャンディ。一人ぼっちで学校から帰る道、こっそりポケットに忍ばせてきたそのキャンディを一粒たべました。すると、夕焼け空が私に優しく語りかけ、「大丈夫よ」と言いました。遊ぶ友達がいない週末、公園のブランコに一人で揺られながらそのキャンディーを一粒食べました。

  9. 物語【すずらん】第2話

    そうそう、とっても可愛くて可憐で幸せ感たっぷりのスズランだけど、スイートな印象とは裏腹に有毒物質をもっているの。有毒物質は特にお花や根っこの部分に多くて、もしもうっかり食べちゃったら重症の時は死んじゃうらしいわ。

  10. 物語【night piece】第3話

    角を曲がると街の印象が広々としたものに変わり、家々を照らす月さえも輝きが増したように感じました。大きな家、広い庭、門のところに必ずついているセキュリティマーク。ゆったりと立ち並ぶ家の外観はけして派手ではないけれど、センスの良さと高級感が溢れ出ています。

ページ上部へ戻る