幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【キャンディ】第1話

    私が子どもだった頃。私のおばあちゃんは「おばあちゃん」なんて呼ぶのが失礼なくらい、若々しくておしゃれな人でした。

  2. 物語【キャンディ】最終話

    大人になった私には、たくさんの友達ができました。おばあちゃんは相変わらずおしゃれで、近所の人に頼まれては細々したものを縫い、ささやかな生活を楽しんでいます。私はお給料が出ると、美味しいお茶とおばあちゃんの大好きなお菓子を買って、おばあちゃんの部屋を訪ねました。

  3. 物語【キャンディ】第4話

    おばあちゃんがくれたキャンディ。一人ぼっちで学校から帰る道、こっそりポケットに忍ばせてきたそのキャンディを一粒たべました。すると、夕焼け空が私に優しく語りかけ、「大丈夫よ」と言いました。遊ぶ友達がいない週末、公園のブランコに一人で揺られながらそのキャンディーを一粒食べました。

  4. 物語【キャンディ】第3話

    私はいつも、友達との悩みや家でのことをおばあちゃんに打ち明けました。おばあちゃんは時には大げさに相づちをうち、時には一緒に笑い、時には私の代わりに怒ってくれました。おばあちゃんに話を聞いてもらった後は、不思議と心がすっきりとしたものです。

  5. 物語【キャンディ】第2話

    おとなしくて友達が少なかった小学生の私は、ウチから歩いていける場所にあった、おばあちゃんが一人で暮らすマンションに、おばあちゃんが暇そうな時を見計らっては遊びに行きました。マンションのチャイムを鳴らすと、ドアからのぞくおばあちゃんの満面の笑顔。

ページ上部へ戻る