幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【誰も知らない】最終話

    この森に春が来ました。居心地の良い土の中から旅立つ時がやってきたのです。土の外はどんな匂いがするのかしら?どんな風が吹いているのかしら?土の中から這い出た私は、生まれて初めて羽を広げ、まだ少し冷たい春の空気を吸い込みました。今、世界のすべてが、私に手を差し伸べています。

  2. 物語【good night】第3話

    ある町で出会ったある人は、私に喜びを教えてくれたの。その人の虹色に輝く光で、私の心もワクワクした嬉しい気持ちでいっぱいになった。私はその光を受け取ると、くるりと一回りして自分の心にポーンと放り込んだわ。まるでダンスを踊るみたいに。

  3. 物語【希望の歌】第2話

    僕は生まれた時からこの景色をみて育ったので、昔がどんなに素晴らしい世界だったのか知らない。だけど、誰もが笑顔を忘れたこの世界を、変えたいと思っていた。ある日、仲間の一人が言った。「夕べ大人たちが話しているのを聞いたんだけど、魔の谷には希望の箱っていうものがあるんだって。

  4. 物語【誰も知らない】第3話

    ホウホウホウホウ…森の神様の語る声。ほらほら春はもうすぐですよ。森の生き物たち、もう少しの辛抱です。土の中で眠るものたち、目覚めの時が近づいていますよ。私には新しい季節の足音が聞こえています。そよそよそよそよ…風の声。さあさあ南の風がやってきましたよ。

  5. 物語【good night】第2話

    ねえねえ聞いて、私の話。私はそれから旅をして、いろいろな人に出会ったわ。ある町で出会ったある人は、私に優しさを教えてくれたの。その人の優しさは暖かいオレンジをした光で、心細さで一杯だった私の心を癒してくれた。私はその光を受けとると、自分の心にそっとしまったわ。

  6. 物語【eternity】

    昔々、ある国の王様と王妃様のもとに、かわいらしいお姫様が生まれました。お姫様はすくすくと育ち、5歳になる頃には白く陶器のような肌にバラ色のほっぺ、ゆったりとカールした美しい栗色の髪を持つ、とても可愛らしい女の子に成長しました。

ページ上部へ戻る