幸せを紡ぐ物語

物語【moonbow】第3話

moonbow

そんなある日、男の子は知り合いから月虹の話を聞きました。
月虹とは、夜に月の光で架かる虹のことです。
月虹をよく見ることができるハワイのマウイ島では、月虹を見た者には「幸せが訪れる」と言う伝説があるということでした。

男の子は女の子に月虹を見せてあげたいと思いました。
そうすれば女の子は幸せになれるのです。

男の子は毎晩公園に行くと、「どうかあの女の子に月虹を見せてください」と月を見上げて祈りました。
でも、月虹が見えることはありません。

…第4話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「moonbow」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る