1. 物語【ハナキリン】最終話

    次の朝、目覚めたお姫様がお城の窓から外を見ると、そこにはもう立ち並ぶハナキリンはありませんでした。いつも見慣れたハナキリンの変わりに、お城の門の前にはまっすぐな道が伸びているのが見えました。

    続きを読む
  2. 物語【羽ばたく】第4話

    白い鳥は、天使のやり取りを静かに聞いていました。「白い鳥よ。鳥が飛ぶのは生きるためです。魚たちが泳ぐのも花たちが咲き乱れるのも、生きるためです。そして白い鳥よ、あなたは今生きています。ちゃんと自分の役目をまっとうしているではありませんか。

    続きを読む
  3. 物語【ハナキリン】第3話

    王様の愛情がこもった手紙を、お姫様は涙を流しながら読みました。そして、お姫様は初めて知った自分の境遇と、この城を出て暮らすことへの不安で、胸が震えました。今までたった一人の召使いとしか、自分以外の人間に会ったこともないと言うのに、どうしてこの城を出られましょう。召使いが言いました。

    続きを読む
  4. 物語【羽ばたく】第3話

    天使は白い鳥を見つめ「耳を澄ませていなさい」というと、岸壁の上の空を飛ぶ鳥たちに話しかけました。「鳥たちよ、あなた方はなぜ空を飛んでいるのです?」「天使さま、それは生きるためですよ。生きるためにはエサを探さなくてはなりません」天使は次に、海を泳ぐ魚に話しかけました。

    続きを読む
  5. 物語【ハナキリン】第2話

    どうして自分が一人でいるのか、お姫様は考えたことがありません。遠い遠い記憶で、優しい父と母がいたような気がするけれど、お姫様にとっては物心ついたときから、召使いが自分の唯一の家族でした。お姫様が18歳になったとき、召使いが一通の手紙を持ってきました。

    続きを読む
  6. 物語【羽ばたく】第2話

    ある時、疲れきり、悲しみに暮れた白い鳥は島のはずれの岸壁にやってきました。岸壁から覗くと、遥か下のほうで波が岩に当たっては砕け、白い泡が渦巻いていました。

    続きを読む
  7. 物語【ハナキリン】第1話

    昔々あるところに、大きな森がありました。大きな森のその奥に、刺に覆われたハナキリンで守られた、小さなお城がありました。お城には一人のお姫様が、一人の年老いた召使いとともに暮らしていました。お姫様は朝目覚めると、お城の窓を開け外の空気を吸いました。

    続きを読む
  8. 物語【羽ばたく】第1話

    ある離れ小島に、1羽の鳥が住んでいました。その鳥は、真っ白な大きな羽根を持っていましたが、空を飛ぶことができません。同じ頃に卵からかえった兄弟達が飛ぶことを覚えた頃、白い鳥も毎日毎日一生懸命練習しましたけれど、他の鳥たちのように自由に空を飛べるようにはなりませんでした。

    続きを読む
  9. 物語【flower fairies】最終話

    しばらくして三人の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精たちが庭を見ると、おじいさんの庭は色とりどりの花でいっぱいになっていました。庭の門は開け放たれ、町の人たちが次々におじいさんの庭を訪れていました。

    続きを読む
  10. 物語【flower fairies】第5話

    「おじいさん、バラを一輪もらえませんか?」庭の垣根の隙間から子どもが覗き込みました。「お母さんの誕生日なんです」おじいさんは小さく微笑んで、子どもにバラを一輪あげました。黄色い花の妖精は小さなタネをおじいさんの庭にそっと蒔くと、森へ帰って行きました。

    続きを読む

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

松本圭のインスタ

フォローお願いします☆

@kei_atelieropal

ページ上部へ戻る