キャンバス

  1. 物語【どこかで誰かが】最終話

    世界中で自分だけが一人のような気がしていたけれど、この世界のどこかにいる誰かと、心は通じている…。少女の心の中に、お月さまの穏やかな輝きのような優しい温もりが、ふんわりと広がっていきました。「お月さま、どうかその人たちに伝えてください。どうぞ暖かくして眠ってください。

ページ上部へ戻る