幸せを紡ぐ物語

物語【夜の風に吹かれて】第2話

yorunokazeni_hukarete

星明かりを頼りに、かつては店だったと思わしき建物を見つけて、暗がりの中あれこれ物色したが、あめ玉一個も見当たらない。
あてどない私の旅路も、このゴーストタウンで終わりを迎えるのだろうか?
飢えて最後を迎えるなどとはなんと空しいことか。

空腹ですっかり弱気になりながら、暗がりの町を歩き続けると、思いがけず一軒の家に明かりが灯っているのが見えた。
誰もいないこの町になぜ明かりが?
一瞬恐怖に駆られたが、空腹には逆らえない。
明かりがついていると言うことは、あの家の中には誰かがいるのだ。
誰かがいると言うことは食べ物もあるはずに違いない。

…第3話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「夜の風に吹かれて」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る