幸せを紡ぐ物語

物語【ともだち】第1話

tomodathi

ある山の上の小さな山小屋に、お父さんとお母さんと女の子が住んでいました。
女の子の一家は、やぎの乳から作った美味しいチーズや、お母さんが焼いた味わい深いパンを街へ売りに行ったり、旅の宿として泊まっていく旅人のお世話をして生活をしていました。

女の子は山の暮らしが大好きでした。
お母さんを手伝って、旅の人が泊まる部屋のお掃除をしたり、小さな畑の世話をして過ごしていました。

女の子は今まで自分のような子どもに出会ったことがありません。
女の子の友だちは、家族と一緒に暮らす一匹の犬だけです。
散歩をするのも、畑でお手伝いをする時も、遊ぶのも、寝るのも犬と一緒でした。
お母さんに叱られた時慰めてくれるのも、犬でした。

…第2話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「ともだち」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る