幸せを紡ぐ物語

物語【小さな灯】第4話

00_tiisana_tomosibi

小さな天使は少し考えてからこう答えました。

「私が神様に天使にしていただく前、人間界にいたころのことを覚えているの。
ずいぶんと短い間だったけれど、お父さんやお母さんに愛されて、たくさんの人たちが私を見守ってくれて、とても大切にしてもらったわ。
私はほんの子どもだったけれど、優しく幸せな気持ちを知ることができたの。」

小さな天使は友達の天使をまっすぐに見つめかえして言いました。
「この仕事をさせていただくように、私から神様にお願いしたのよ」

…最終話へつづく♪

〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・


>>絵画作品「小さな灯」作品詳細はこちらです☆

関連記事

ページ上部へ戻る