幸せを紡ぐ物語

物語【すずらん】最終話

suzuran

その男の子、悪い人には見えなかったし、実を言っちゃうとちょっと好みだったんだけどね…。
少しくらい一緒にお茶してもよかったかしら?
なんでいつも毒発言しちゃうのかしら?

あたしって気が強い割に、時々自分の毒で傷ついちゃうの。
早くあたしの毒なんて全然気にしない、強くて優しいボーイフレンドが現れないかな。
そりゃ確かにあたしはモテモテなんだけど、そんなことより一人の人に愛されたいわ。

そんなこんなでちょっぴり切なく感じるこの頃。

ある日、1人静かに物思いに耽りながらカフェでお茶をしていたの。
ふと人の視線を感じて振り返ると…
なんと!この間の男の子が立ってるじゃない。
私と目が合うとにっこり爽やかな笑顔で
「となり座っていい?」
だって!

今日は毒発言封印よ!

終わり
〈絵と文/松本圭〉

☆お読みいただきありがとうございました☆

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「すずらん」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る