幸せを紡ぐ物語

物語【睡蓮】第1話

00_suiren

あるところに睡蓮の花が浮かぶ、小さな池がありました。
その水は青く澄んでいましたが、重なりあうように浮かぶ睡蓮の葉に覆われた水の底は、暗く深い色をしていました。

ある暑い日の午後、旅の途中の若者が、一休みしようと睡蓮の池へやってきました。
若者は、池のほとりの木陰に座り、水辺の心地よい風に吹かれながら、旅の疲れを癒していました。
池のまわりに人影はありませんでしたが、若者は、ふと気配を感じてまわりを見回しました。
けれど、誰も見当たりません。

…第2話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「睡蓮」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る