幸せを紡ぐ物語

物語【night piece】第1話

30_night_piece

眠れない夜、窓を開け小さなベランダから通りを見下ろしていました。
誰もいない街。
人の気配を感じない夜の街は、まるでゴーストタウンのようです。

ぼんやり照らす街灯の灯りの中、一匹の猫の姿が見えました。
「こんばんは」
私の方を見上げた猫が挨拶をしてきました。
ベランダからは小さく見える猫の姿だけど、なぜだかその声は私の心に響きました。

「眠れないんだね」
「そうよ」
「なぜ?」
「わからない」

猫はニヤリと笑って私を見上げると、「散歩に行こう」と誘ってきました。

…第2話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・


絵画作品「night piece」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る