幸せを紡ぐ物語

物語【night game】最終話

03_night_game

ふと我に返って見回す部屋は、どう見ても質素な一人暮らし。
窓の向こうのベランダでは、取り入れ忘れた洗濯物が揺れています。

本当の私は全然偉くなくてセレブでも何でもなくて、毎日せっせと働いて、サンドイッチとコーヒーのランチを食べて、友だちとメールして、恋の悩みに胸を痛めて、電車の中で本を読んで、ホントはとっても狭いアパートで暮らしているんだけど…。

一人の時間をどういう気分で過ごすかは、私の自由。
想像力を味方に付けて、毎晩こんな優雅なゲームを楽しめる私って素敵でしょ?
エッヘン!

終わり
〈絵と文/松本圭〉

☆お読みいただきありがとうございました☆

・・・◆・・・◆・・・◆・・・


絵画作品「night game」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る