幸せを紡ぐ物語

物語【moonbow】第1話

moonbow

ある晩のこと、男の子が公園を歩いていると、女の子が寂しそうにベンチに座っていました。
頼りなげな細い肩が月明かりに照らされています。
男の子はその姿が気にかかりましたが、声を掛けることなくそっと通り過ぎました。

次の晩、男の子が公園を通ると、またあの女の子がベンチに座っていました。
細い肩が小さく震え、女の子がハンカチでそっと涙を拭っているのが見えました。

…第2話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・


絵画作品「moonbow」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る