幸せを紡ぐ物語

物語【希望の歌】最終話

100_kibouno_uta

僕たちが命がけでとってきた希望の箱は空っぽだった。
この箱を開ければ、太陽が輝き、空は澄み渡り、木々には緑が溢れ、みんなの顔が笑顔でいっぱいになると思ったのに…。

「世界を変えられると思ったんだ。だけど…」

がっくりと肩を落とす僕たちに一人の老人が言った。
「この地の景色は何一つ変わらない。だが、世界は変わったよ。
私たちは今から希望に向かって生きて行くんだ」

空っぽの小さな箱は希望の歌を奏で続けていた。

終わり
〈絵と文/松本圭〉

☆お読みいただきありがとうございました☆

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

☆絵画作品のご購入・ご相談はこちら

絵画作品「希望の歌」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る