幸せを紡ぐ物語

物語【希望の歌】第3話

100_kibouno_uta

魔の谷には絶対に行ってはいけない。
小さな頃から大人達から厳しく言われていたけれど、鞄に数日分の水とパンを詰め込むと、僕と仲間たちは魔の谷へ向かった。

長く険しい道を、ゴロゴロと転がる石に足を取られながら歩き続けた。
暗闇の中で光るいくつもの目におびえ、逃げ出したい気持ちをこらえながら歩いた。
足も手もキズだらけになったけれど、キズの痛みよりも不安と恐怖の方が大きかった。

絶えず燃やし続けていたたいまつと、一緒にいる仲間への信頼が僕たちを守る命綱だ。

…第4話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

☆絵画作品のご購入・ご相談はこちら

絵画作品「希望の歌」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る