幸せを紡ぐ物語

物語【in blue】第3話

20_in_blue

ある日人魚が公園を見ると、いつも男性が休んでいるベンチに女の人が座っていました。
しばらくすると高層ビルからあの男性が出てきて、その女の人と何か話し込んでいます。
「あの人の恋人だわ」
人魚はちょっぴり胸が痛みました。
やがて、陸からはなれた人魚のところまで「ドン」という音が聞こえそうな勢いで、女の人が男性の胸を突き、そのまま走って行ってしまいました。

男性はしばらく立ち尽くした後、いつものベンチに座り無表情に海を眺めています。
人魚は海の泡を手ですくい、ふうっと息を吹きかけました。
海の泡は風に乗って男性のところまで飛んで行き、ぱちんとはじけました。

潮の香りの風が優しく男性の頬を撫ぜました。

…最終話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・


絵画作品「in blue」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る