幸せを紡ぐ物語

物語【ガーベラ】最終話

01_gerbera

悲しい気持ちで下を向いていた私を、お花屋さんがバケツから救い上げ、手早く新聞に包みました。

私はお花屋さんのお家に飾られました。
少ししおれてきてしまった私だけど、お花屋さんは私を特別素敵な花瓶に生けてくれました。
そして、食卓の真ん中の特等席に飾り、愛情のこもった目で私をながめました。

ありがとう。
私はあなたのために、明日の朝もせいいっぱい可憐に咲きましょう。

終わり
〈絵と文/松本圭〉

☆お読みいただきありがとうございました☆

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「ガーベラ」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る