幸せを紡ぐ物語

物語【flower fairies】最終話

50_flower_failrys

しばらくして三人の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。

妖精たちが庭を見ると、おじいさんの庭は色とりどりの花でいっぱいになっていました。
庭の門は開け放たれ、町の人たちが次々におじいさんの庭を訪れていました。

町の人たちはおじいさんの庭の花を楽しみ、おじいさんは町の人たちとのおしゃべりを楽しみ、誰かが焼いたケーキをみんなで楽しみ、3人の妖精はおじいさんの楽しそうな姿を見て楽しみました。

おばあさんが大切にしていた庭とおじいさんの笑い声が蘇りました。

終わり
〈絵と文/松本圭〉

☆お読みいただきありがとうございました☆

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「flower fairies」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る