幸せを紡ぐ物語

物語【flower failrys】第2話

50_flower_failrys

次の日、ピンクの花の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。

妖精が荒れた庭を見ていると、おじいさんが家から出てきて庭のベンチに座りました。
おじいさんは確かに頑固そうな顔をしていましたが、寂しそうな目をしていました。
ピンクの花の妖精は小さなタネをおじいさんの庭にそっと蒔くと、森へ帰って行きました。

次の朝、おじいさんが庭を見ると庭の隅の花壇にピンクの花が咲いていました。
おばあさんが可愛がっていた花壇が蘇りました。

…第3話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

☆絵画作品のご購入・ご相談はこちら

絵画作品「flower failrys」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る