幸せを紡ぐ物語

物語【どこかで誰かが】第1話

01_dokokade_darekaga

月の綺麗な夜、もう真夜中になろうという頃のことです。
ある街で1人の少女が寝つけずに夜空を見上げていました。

少女は、昼間は通りのはずれのパン屋で、バターたっぷりのクロワッサンや甘い香りのジャムが乗ったデニッシュパンを売る仕事をして、この街で一人で暮らしています。

お店のご主人もおかみさんも親切にしてくれるし、お客さんに美味しいパンを喜んでもらえるこの仕事を気に入っています。
けれど、家に帰って1人で過ごす時間、時々夜がとても長く感じてしまうのです。

…第2話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「どこかで誰かが」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る