幸せを紡ぐ物語

物語【誰も知らない】最終話

20_daremo_shiranai

この森に春が来ました。
居心地の良い土の中から旅立つ時がやってきたのです。
土の外はどんな匂いがするのかしら?
どんな風が吹いているのかしら?

土の中から這い出た私は、生まれて初めて羽を広げ、まだ少し冷たい春の空気を吸い込みました。
今、世界のすべてが、私に手を差し伸べています。
さあ、どこへ飛んで行こう。

終わり
〈絵と文/松本圭〉

☆お読みいただきありがとうございました☆

・・・◆・・・◆・・・◆・・・


絵画作品「誰も知らない」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る