幸せを紡ぐ物語

物語【キャンディ】第2話

00_candy

おとなしくて友達が少なかった小学生の私は、ウチから歩いていける場所にあった、おばあちゃんが一人で暮らすマンションに、おばあちゃんが暇そうな時を見計らっては遊びに行きました。

マンションのチャイムを鳴らすと、ドアからのぞくおばあちゃんの満面の笑顔。
まるで3年ぶりに再会する大切な友達を迎えるみたいに、両手を広げて私を部屋に招き入れてくれました。
そして、大人の人をおもてなしする時に使う素敵なティーセットでお茶を入れ、丁寧にもてなしてくれました。
私は美味しいお茶とお菓子をいただきながら、おばあちゃんと過ごすゆったりとした時間が大好きでした。

…第3話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「キャンディ」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る