幸せを紡ぐ物語

物語【candle in the wind】第1話

01_candle_in_the_wind

この世界は何もなかった。
正確に言うと、灰色の雲と砂と風だけがあった。
吹き荒れる風の音は、悲しみと孤独の音楽を奏でていた。
ここがこの女の世界なんだ。
そして今、僕はここにいる。

人間界に降り立った僕は、人ごみにまぎれていた。
人々は赤や黄色、青や緑、さまざまな色を放ちながら街を行き交っていた。
めまいがするほどたくさんの人間たちの中で、僕は金色の輝きを放ちながら歩いている女を見つけた。
女の魂は限りなく輝いているというのに、心の中は悲しみと孤独でいっぱいだった。

僕の人間界での仕事は、誰かの心に光を灯すこと。
1人の人間の、失われてしまった輝きを取り戻すこと。
「あの女の魂はあんなにも輝いている、だけれど、その心の中は暗闇だ。
あの女の心に光を取り戻そう。」
そう決めた。

…第2話へ続く
〈絵と文/松本圭〉

・・・◆・・・◆・・・◆・・・

絵画作品「candle in the wind」作品詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

ページ上部へ戻る