春を待つ日

作品について

木々の間を縫って
わずかに射し込む日の光に、心の中で春を感じる日。

寒い冬の次は春が訪れるとわかっていながら、
なぜこんなにも待ち遠しいのでしょう。

閉じ込められた思いが、雪解けとともに消えて行きますように。
春の息吹とともに、新しい扉が開きますように。

冬が寒くて長いほど、やがて来る春の陽射しは優しい。

春はもうすぐそこですよ。

画材/カンバス、アクリル
絵のサイズ/F3号(22.0cm×27.3cm)
価格/60,000円(額付き)

kounyuu

STORY

物語【春を待つ日】第1話
物語【春を待つ日】第2話
物語【春を待つ日】第3話
物語【春を待つ日】第4話
物語【春を待つ日】最終話

ページ上部へ戻る