幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【どこかで誰かが】最終話

    世界中で自分だけが一人のような気がしていたけれど、この世界のどこかにいる誰かと、心は通じている…。少女の心の中に、お月さまの穏やかな輝きのような優しい温もりが、ふんわりと広がっていきました。「お月さま、どうかその人たちに伝えてください。どうぞ暖かくして眠ってください。

  2. 物語【どこかで誰かが】第3話

    そんな眠れぬ夜を過ごす少女に、お月さまが語りかけました。「この広い世界にはね…あなたと同じように眠れぬ夜を過ごす人がいて、今この瞬間あなたと同じように私を見上げていますよ。あなたが寂しいとき。世界中で自分だけがひとりぼっちのような気がしてしまうとき。

  3. 物語【どこかで誰かが】第2話

    今夜もそんなひとりぼっちの夜。店から帰ると、おかみさんが持たせてくれたパンと野菜のスープで夕食をすませ、何をするでもなくあっというまに夜は更けて行きます。「明日も朝早いし、もう眠らなくちゃ」そう思うのだけれど、目は冴えるばかり。

  4. 物語【どこかで誰かが】第1話

    月の綺麗な夜、もう真夜中になろうという頃のことです。ある街で1人の少女が寝つけずに夜空を見上げていました。少女は、昼間は通りのはずれのパン屋で、バターたっぷりのクロワッサンや甘い香りのジャムが乗ったデニッシュパンを売る仕事をして、この街で一人で暮らしています。

  5. 物語【小さな灯】最終話

    小さな天使は、たくさんの明かりが消えてしまった暗闇の場所で、たった1本だけでも明かりを灯しているろうそくを見ると、健気さに胸を打たれました。そして、たった1本の明かりを励ますかのように、消えたろうそくに「希望」の明かりを灯してまわりました。

  6. 物語【小さな灯】第4話

    小さな天使は少し考えてからこう答えました。「私が神様に天使にしていただく前、人間界にいたころのことを覚えているの。ずいぶんと短い間だったけれど、お父さんやお母さんに愛されて、たくさんの人たちが私を見守ってくれて、とても大切にしてもらったわ。

  7. 物語【小さな灯】第3話

    ある日、疲れて一休みしている小さな天使のところに、友だちの天使が来て言いました。「人間って不思議だね。みんな幸せを願っているはずなのに、あっちでもこっちでも憎しみや争いばかり。いくら希望の明かりを灯してまわったって、すぐにろうそくの灯は消されてしまう。

  8. 物語【小さな灯】第2話

    このろうそくの庭は、小さな天使が一人で見張り番をしていました。明かりが消えてしまったろうそくに、「希望」という灯をつけるのが天使の仕事です。

  9. 物語【小さな灯】第1話

    空の高い高いところのもっと高いところに「ろうそくの庭」はありました。広い庭には長いろうそくや短いろうそく、大きいろうそく小さいろうそく、たくさんのろうそくがあって、明かりが灯っていたり消えていたりしています。

  10. 物語【月夜のできごと】最終話

    「さあ、今から素敵なショーをご覧にいれますよ。なんたってここは夢の中。」女の子はそういうと軽やかにダンスを踊り始めました。夜中に一人目を覚まし不安で泣き出しそうだった男の子ですが、ママを呼びに行くのも忘れてダンスに見とれています。

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

松本圭のインスタ

フォローお願いします☆

@kei_atelieropal

ページ上部へ戻る