幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【シャボン玉】第2話

    こんにちは。私は空です。いつもあなたを見ています。晴れた日も曇りの日も雨の日も、毎日を丁寧に生きるあなたをいつも見ています。あなたは毎朝起きるとすぐに窓を開け、私に「おはよう」とあいさつをしてくれますね。

  2. 物語【シャボン玉】第1話

    「いつもあなたを見ています。遠くの空から見ています。」今日もまたあの夢を見ました。1ヶ月に1度、必ず見る夢。どこか遠くの空から私に語りかける声がして、私は声の主を捜すのだけれど、あたりには誰も見当たりません。見上げる上空には青い空が広がり、たくさんのシャボン玉が舞っています。

  3. 物語【シャボン玉】最終話

    「いつもあなたを見ています。遠くの空から見ています。」今日もまたあの夢を見ました。1ヶ月に1度、必ず見る夢。どこか遠くの空から私に語りかける声がして、私は声の主を捜すのだけれど、あたりには誰も見当たりません。見上げる上空には青い色が広がり、たくさんのシャボン玉が舞っています。

  4. 物語【シャボン玉】第4話

    こんばんは。私は星です。いつもあなたを見ています。暗くなった道、仕事を終えて家路を急ぐあなたを、いつも見ています。あなたは一日が無事に終わったことに感謝しながら、私に「ありがとう」と言ってくれますね。

  5. 物語【シャボン玉】第3話

    こんにちは。私は風です。いつもあなたを見ています。春に吹くそよ風も、夏に吹くさわやかな風も、秋に吹く優しい風も、冬に吹くひんやりした風も、いつもあなたを見ています。そよ風の中を歩くあなたは、いつも鼻歌まじり。季節の移り変わりを告げる風に、人生を愛おしむ。

ページ上部へ戻る