幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【night piece】第1話

    眠れない夜、窓を開け小さなベランダから通りを見下ろしていました。誰もいない街。人の気配を感じない夜の街は、まるでゴーストタウンのようです。ぼんやり照らす街灯の灯りの中、一匹の猫の姿が見えました。「こんばんは」私の方を見上げた猫が挨拶をしてきました。

  2. 物語【キャンディ】第1話

    私が子どもだった頃。私のおばあちゃんは「おばあちゃん」なんて呼ぶのが失礼なくらい、若々しくておしゃれな人でした。

  3. 物語【happy moon】第5話

    しばらくたわいないおしゃべりを楽しんでいた男の子と女の子は、ふと、町外れの公園に目を留めました。「ねえ、見て。あの公園にいる老人。人生に絶望しているようにみえるわ。」「そうだね。とても悲しそうだ。」「絶望の淵から救い出す方法はあるのかしら。」「それは本人の心次第だからね。

  4. 物語【シャボン玉】最終話

    「いつもあなたを見ています。遠くの空から見ています。」今日もまたあの夢を見ました。1ヶ月に1度、必ず見る夢。どこか遠くの空から私に語りかける声がして、私は声の主を捜すのだけれど、あたりには誰も見当たりません。見上げる上空には青い色が広がり、たくさんのシャボン玉が舞っています。

  5. 物語【恋人】最終話

    そんなあなたの姿に、まるで暗闇に光が差し込むかのように愛おしさがこみ上げ、私の頬をあたたかい涙がつたいました。私は、砂に足をとられながら、立ち尽くすあなたのもとへ駆け寄りました。手のひらから滑り落ち、あなたのまわりを埋め尽くした砂、それは私の愛です。

  6. 物語【happy moon】第4話

    下を向いて考え込んでいた男の人は、ふと顔を上げました。その瞳には迷いの色はありませんでした。夜空に輝く三日月を見上げ、何かを決意したように一つ深呼吸をして立ち上がると、鞄を持って歩き出しました。さっきまで丸く縮こまっていた男の人の背中は、月の光を浴びて力強く輝いています。

  7. 物語【シャボン玉】第4話

    こんばんは。私は星です。いつもあなたを見ています。暗くなった道、仕事を終えて家路を急ぐあなたを、いつも見ています。あなたは一日が無事に終わったことに感謝しながら、私に「ありがとう」と言ってくれますね。

  8. 物語【恋人】第2話

    あきらめることなく両手を広げるあなたと、儚く消えていくゆく砂。一粒の砂さえも残らないあなたの手のひらを見て、私は時折悲しみの涙を流しました。その涙に濡れた砂は黒い小さな塊になり、あなたはそれを拾うと大切そうに胸のポケットにしまいました。ある日、あなたは呆然と立ち尽くしていました。

  9. 物語【happy moon】第3話

    2人はふと、ベンチが1つあるだけの寂れた公園に目を留めました。「ねえ、見て。あの公園にいる男の人。一人ぼっちで考え込んでいるわ。」「そうだね、深刻そうな顔をしているね。」「問題に立ち向かおうとしているのね。」「まだ心が揺れているけど、きっと立ち向かえるさ。

  10. 物語【シャボン玉】第3話

    こんにちは。私は風です。いつもあなたを見ています。春に吹くそよ風も、夏に吹くさわやかな風も、秋に吹く優しい風も、冬に吹くひんやりした風も、いつもあなたを見ています。そよ風の中を歩くあなたは、いつも鼻歌まじり。季節の移り変わりを告げる風に、人生を愛おしむ。

ページ上部へ戻る