幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【moonbow】第1話

    ある晩のこと、男の子が公園を歩いていると、女の子が寂しそうにベンチに座っていました。頼りなげな細い肩が月明かりに照らされています。男の子はその姿が気にかかりましたが、声を掛けることなくそっと通り過ぎました。次の晩、男の子が公園を通ると、またあの女の子がベンチに座っていました。

  2. 物語【flower fairies】第3話

    その次の日、赤い花の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精が庭を見ていると、おじいさんが家からジョウロを持って出てきて、花壇の花に水をやり始めました。おじいさんは頑固そうな顔をしていましたが、目には優しい光をたたえていました。

  3. 物語【希望の歌】最終話

    僕たちが命がけでとってきた希望の箱は空っぽだった。この箱を開ければ、太陽が輝き、空は澄み渡り、木々には緑が溢れ、みんなの顔が笑顔でいっぱいになると思ったのに…。「世界を変えられると思ったんだ。だけど…」がっくりと肩を落とす僕たちに一人の老人が言った。

  4. 物語【どこかで誰かが】最終話

    世界中で自分だけが一人のような気がしていたけれど、この世界のどこかにいる誰かと、心は通じている…。少女の心の中に、お月さまの穏やかな輝きのような優しい温もりが、ふんわりと広がっていきました。「お月さま、どうかその人たちに伝えてください。どうぞ暖かくして眠ってください。

  5. 物語【flower fairies】第2話

    次の日、ピンクの花の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精が荒れた庭を見ていると、おじいさんが家から出てきて庭のベンチに座りました。おじいさんは確かに頑固そうな顔をしていましたが、寂しそうな目をしていました。

  6. 物語【希望の歌】第6話

    箱の中はからっぽだった。希望の箱のふたを開けても、世界は何一つ変わらない。ただ、小さな箱から懐かしいような音楽が流れるだけだった。

  7. 物語【どこかで誰かが】第3話

    そんな眠れぬ夜を過ごす少女に、お月さまが語りかけました。「この広い世界にはね…あなたと同じように眠れぬ夜を過ごす人がいて、今この瞬間あなたと同じように私を見上げていますよ。あなたが寂しいとき。世界中で自分だけがひとりぼっちのような気がしてしまうとき。

  8. 物語【flower fairies】第1話

    青い月の夜のこと。森の中で3人の花の妖精が話し合いをしています。「この間町はずれを飛んでいたら、とても庭が荒れ果てた家を見かけたわ」「ああ、私も気になっていたの」「あの家はおじいさんが一人で住んでいるよ。

  9. 物語【希望の歌】第5話

    僕たちはすべての大人たちに集まってもらった。「魔の谷へ降りたのかい?」「言いつけを守らなくてごめんなさい。でも、僕たちは希望の箱を見つけたんだ!ほら、この箱の蓋を開けると、素晴らしい世界にかわるんだよ!」あ、その箱は…大人たちの空気が一瞬和らいだ。

  10. 物語【どこかで誰かが】第2話

    今夜もそんなひとりぼっちの夜。店から帰ると、おかみさんが持たせてくれたパンと野菜のスープで夕食をすませ、何をするでもなくあっというまに夜は更けて行きます。「明日も朝早いし、もう眠らなくちゃ」そう思うのだけれど、目は冴えるばかり。

ページ上部へ戻る