幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【キャンディ】第3話

    私はいつも、友達との悩みや家でのことをおばあちゃんに打ち明けました。おばあちゃんは時には大げさに相づちをうち、時には一緒に笑い、時には私の代わりに怒ってくれました。おばあちゃんに話を聞いてもらった後は、不思議と心がすっきりとしたものです。

  2. 物語【すずらん】第1話

    あたしはすずらんの妖精、5月生まれよ。すずらんって白くてぷっくりと垂れ下がって並んだ、小さなお花がキュート。誰だってすずらんを見たらウットリしちゃうでしょ?だからほら、自分で言うのもなんだけど、すずらんの妖精のあたしもとってもキュート。自慢じゃないけどモテモテなの。

  3. 物語【night piece】第2話

    私は見知らぬ猫とともに、夜の散歩に繰り出しました。この街に住んで2年になるけれど、この街のことは良く知りません。「もう少し行くと高級住宅街だよ」私の斜め前を歩きながら猫が言いました。「それは知ってるわ。

  4. 物語【キャンディ】第2話

    おとなしくて友達が少なかった小学生の私は、ウチから歩いていける場所にあった、おばあちゃんが一人で暮らすマンションに、おばあちゃんが暇そうな時を見計らっては遊びに行きました。マンションのチャイムを鳴らすと、ドアからのぞくおばあちゃんの満面の笑顔。

  5. 物語【happy moon】最終話

    がっくりと肩を落としていた老人の目の前に、空から何かがふわりと落ちてきました。老人が落ちてきたものを拾うと、それは黄金に輝く羽根でした。老人がはっと我に返ったように空を見上げると、空には特別魅力的な三日月が輝いていました。老人は三日月を見上げながらいく粒もの涙を流しました。

  6. 物語【night piece】第1話

    眠れない夜、窓を開け小さなベランダから通りを見下ろしていました。誰もいない街。人の気配を感じない夜の街は、まるでゴーストタウンのようです。ぼんやり照らす街灯の灯りの中、一匹の猫の姿が見えました。「こんばんは」私の方を見上げた猫が挨拶をしてきました。

  7. 物語【キャンディ】第1話

    私が子どもだった頃。私のおばあちゃんは「おばあちゃん」なんて呼ぶのが失礼なくらい、若々しくておしゃれな人でした。

  8. 物語【happy moon】第5話

    しばらくたわいないおしゃべりを楽しんでいた男の子と女の子は、ふと、町外れの公園に目を留めました。「ねえ、見て。あの公園にいる老人。人生に絶望しているようにみえるわ。」「そうだね。とても悲しそうだ。」「絶望の淵から救い出す方法はあるのかしら。」「それは本人の心次第だからね。

  9. 物語【シャボン玉】最終話

    「いつもあなたを見ています。遠くの空から見ています。」今日もまたあの夢を見ました。1ヶ月に1度、必ず見る夢。どこか遠くの空から私に語りかける声がして、私は声の主を捜すのだけれど、あたりには誰も見当たりません。見上げる上空には青い色が広がり、たくさんのシャボン玉が舞っています。

  10. 物語【恋人】最終話

    そんなあなたの姿に、まるで暗闇に光が差し込むかのように愛おしさがこみ上げ、私の頬をあたたかい涙がつたいました。私は、砂に足をとられながら、立ち尽くすあなたのもとへ駆け寄りました。手のひらから滑り落ち、あなたのまわりを埋め尽くした砂、それは私の愛です。

ページ上部へ戻る