幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【night piece】最終話

    「私の飼い主は一人で暮らしていた時だって、とても幸せそうだったよ。自分を愛して慈しんでいたからね」「その人は…1年前に亡くなったの?」「いや、元気だよ」猫がニヤリと笑いました。「1年前に王子様が現れて、一人暮らしではなくなったのさ。

  2. 物語【night piece】第5話

    「彼女にだって長い人生の中では色々なことがあっただろう。だけど、家を花で飾り、いつでもきちんとおしゃれして、お気に入りのカフェでお茶を飲み、1人で夕食を食べる時もきれいに盛りつけて、豪華じゃないけど自分のために美味しいディナーを用意して。

  3. 物語【night piece】第4話

    「君がなぜ寂しいのかわかるかい?君が寂しいと思っているからだよ」私をじっと見据える猫の目がきらりと光りました。「この家は私の飼い主の家さ。飼い主はとてもかわいい老婦人だよ。

  4. 物語【night piece】第3話

    角を曲がると街の印象が広々としたものに変わり、家々を照らす月さえも輝きが増したように感じました。大きな家、広い庭、門のところに必ずついているセキュリティマーク。ゆったりと立ち並ぶ家の外観はけして派手ではないけれど、センスの良さと高級感が溢れ出ています。

  5. 物語【night piece】第2話

    私は見知らぬ猫とともに、夜の散歩に繰り出しました。この街に住んで2年になるけれど、この街のことは良く知りません。「もう少し行くと高級住宅街だよ」私の斜め前を歩きながら猫が言いました。「それは知ってるわ。

  6. 物語【night piece】第1話

    眠れない夜、窓を開け小さなベランダから通りを見下ろしていました。誰もいない街。人の気配を感じない夜の街は、まるでゴーストタウンのようです。ぼんやり照らす街灯の灯りの中、一匹の猫の姿が見えました。「こんばんは」私の方を見上げた猫が挨拶をしてきました。

ページ上部へ戻る