幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【moonbow】最終話

    男の子が恥ずかしそうにうなづくと、女の子は聞きました。「なぜあなたはそんなに月虹を見たいの?」男の子はさらにドギマギして答えようかどうしようか迷いましたが、小さな声でこういいました。「だって、君が毎晩悲しそうにしているから。

  2. 物語【moonbow】第4話

    ある晩、公園の片隅で月に向かって祈る男の子に、女の子が声をかけました。「あなたはどうして毎晩月を見上げているの?」女の子は男の子が毎晩月に祈る姿を見ていたのです。男の子はドギマギしながら、月虹の話をしました。「そう、それは素敵なお話ね。でも、虹は雨が降ったあとにしか架からないわ。

  3. 物語【moonbow】第3話

    そんなある日、男の子は知り合いから月虹の話を聞きました。月虹とは、夜に月の光で架かる虹のことです。月虹をよく見ることができるハワイのマウイ島では、月虹を見た者には「幸せが訪れる」と言う伝説があるということでした。男の子は女の子に月虹を見せてあげたいと思いました。

  4. 物語【moonbow】第2話

    次の晩も、その次の晩も、男の子は公園を通りました。あの女の子のことが気になって仕方がなかったのです。女の子はいつも悲しそうに公園のベンチに座っていました。

  5. 物語【moonbow】第1話

    ある晩のこと、男の子が公園を歩いていると、女の子が寂しそうにベンチに座っていました。頼りなげな細い肩が月明かりに照らされています。男の子はその姿が気にかかりましたが、声を掛けることなくそっと通り過ぎました。次の晩、男の子が公園を通ると、またあの女の子がベンチに座っていました。

ページ上部へ戻る