幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【春を待つ日】第2話

    そんなある日、見慣れない顔の青年がカフェにやってきました。青年の少し緑がかった瞳は、この国の生まれではないことを物語っていました。コーヒーを運んで行った私に青年が話しかけてきました。「この国はなんて素晴らしいんだろう。

  2. 物語【春を待つ日】第1話

    この国は春と冬、二つの季節しかありません。9ヶ月に及ぶ長い長い凍える季節が終わると、いっせいに草花が咲き、虫たちがもぞもぞと土からはい出し、短く美しい春の訪れを告げます。この国の人たちは、短い春の季節を待ち望んで寒い冬の季節を静かに過ごすのです。

  3. 物語【春を待つ日】最終話

    「一度自分の故郷へ帰ろうと思う。この国と違って気候が良くて住みやすい国だよ。でも、僕自身が住み難くしていたんだ」故郷で何かあったのだろう、と思ったけれど私は尋ねませんでした。「どんなに住み心地の良い場所でも、楽しむ心がないとダメだと君とこの国の人たちに教えてもらったよ。

  4. 物語【春を待つ日】第4話

    「故郷か…」故郷、と言った私の返事に何かを思い出したかのように若者はつぶやきました。「あなたはなぜ自分が生まれた国を出たの?」若者は私の質問には答えずに、アイスクリームのコーンの最後のひとかけらを口に放りこみました。

  5. 物語【春を待つ日】第3話

    この国では短い春の間、あちこちでお祭りが催されます。仕事が休みの日、カフェで出会った青年を町のお祭りに案内することにしました。お祭りの会場は、町の人たちだけではなく、近隣の国から稼ぎにきた大道芸人たちや観光客で賑わっています。

ページ上部へ戻る