幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【flower fairies】最終話

    しばらくして三人の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精たちが庭を見ると、おじいさんの庭は色とりどりの花でいっぱいになっていました。庭の門は開け放たれ、町の人たちが次々におじいさんの庭を訪れていました。

  2. 物語【flower fairies】第5話

    「おじいさん、バラを一輪もらえませんか?」庭の垣根の隙間から子どもが覗き込みました。「お母さんの誕生日なんです」おじいさんは小さく微笑んで、子どもにバラを一輪あげました。黄色い花の妖精は小さなタネをおじいさんの庭にそっと蒔くと、森へ帰って行きました。

  3. 物語【flower fairies】第4話

    さらに次の日、黄色い花の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精が庭を見ると、おじいさんは家から椅子を持ち出して、その上に乗りアーチのバラの手入れをしていました。おじいさんは目には優しい光を、口元には微笑みをたたえています。

  4. 物語【flower fairies】第3話

    その次の日、赤い花の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精が庭を見ていると、おじいさんが家からジョウロを持って出てきて、花壇の花に水をやり始めました。おじいさんは頑固そうな顔をしていましたが、目には優しい光をたたえていました。

  5. 物語【flower failrys】第2話

    次の日、ピンクの花の妖精がおじいさんの庭を見に行きました。妖精が荒れた庭を見ていると、おじいさんが家から出てきて庭のベンチに座りました。おじいさんは確かに頑固そうな顔をしていましたが、寂しそうな目をしていました。

  6. 物語【flower fairies】第1話

    青い月の夜のこと。森の中で3人の花の妖精が話し合いをしています。「この間町はずれを飛んでいたら、とても庭が荒れ果てた家を見かけたわ」「ああ、私も気になっていたの」「あの家はおじいさんが一人で住んでいるよ。

ページ上部へ戻る