幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【どこかで誰かが】最終話

    世界中で自分だけが一人のような気がしていたけれど、この世界のどこかにいる誰かと、心は通じている…。少女の心の中に、お月さまの穏やかな輝きのような優しい温もりが、ふんわりと広がっていきました。「お月さま、どうかその人たちに伝えてください。どうぞ暖かくして眠ってください。

  2. 物語【どこかで誰かが】第3話

    そんな眠れぬ夜を過ごす少女に、お月さまが語りかけました。「この広い世界にはね…あなたと同じように眠れぬ夜を過ごす人がいて、今この瞬間あなたと同じように私を見上げていますよ。あなたが寂しいとき。世界中で自分だけがひとりぼっちのような気がしてしまうとき。

  3. 物語【どこかで誰かが】第2話

    今夜もそんなひとりぼっちの夜。店から帰ると、おかみさんが持たせてくれたパンと野菜のスープで夕食をすませ、何をするでもなくあっというまに夜は更けて行きます。「明日も朝早いし、もう眠らなくちゃ」そう思うのだけれど、目は冴えるばかり。

  4. 物語【どこかで誰かが】第1話

    月の綺麗な夜、もう真夜中になろうという頃のことです。ある街で1人の少女が寝つけずに夜空を見上げていました。少女は、昼間は通りのはずれのパン屋で、バターたっぷりのクロワッサンや甘い香りのジャムが乗ったデニッシュパンを売る仕事をして、この街で一人で暮らしています。

ページ上部へ戻る