幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【candle in the wind】第4話

    私はその晩夢を見た。このところ、決まって明け方に泣きながら目を覚ましていたけれど、見た夢は覚えていなかった。だけど、その晩の夢は鮮明に心に残るものだった。私は荒れ果てた荒野のような、見渡す限りの灰色の世界で冷たい風に吹かれていた。感じるのはただ孤独だけ。

  2. 物語【candle in the wind】第3話

    僕はその女の心の中に入り込んでいた。そうか、この女は恋人と別れたのだな。たかが恋をなくしただけ、というわけではないのだろう。この女の無垢なる魂は金色の輝きを放っていると言うのに、心の中の情熱の火はすっかり消えてしまったようだ。人間の感情と言うのはやっかいなものだ。

  3. 物語【candle in the wind】第2話

    私の心は空っぽだ。彼が私のもとを去ってから、世界は色を失った。今までだって何度か恋をして来たはずだけど、彼は私にとって特別な人だった。朝起きると涙が出た。涙を流しながら朝食のトーストをコーヒーで流し込んだ。満員電車の中で彼の影を探した。

  4. 物語【candle in the wind】第1話

    この世界は何もなかった。正確に言うと、灰色の雲と砂と風だけがあった。吹き荒れる風の音は、悲しみと孤独の音楽を奏でていた。ここがこの女の世界なんだ。そして今、僕はここにいる。人間界に降り立った僕は、人ごみにまぎれていた。

  5. 物語【candle in the wind】最終話

    「さあ、今から僕はこの世界でやるべき仕事をすることにするよ。君の心にもう一度恋の炎を灯そう。」そういってその人は小さなキャンドルを出して、火をつけた。「君はまた恋をするだろう。

  6. 物語【candle in the wind】第5話

    「苦しいかい?」「はい、苦しいです。私にとっては彼への思いは永遠だった…」永遠の愛のはずだった。そう思いたいのだろう。「忘れられるのでしょうか」「忘れなくてもいいんだよ。時の流れというのは優しいものだ。いつか彼との思い出も、穏やかな気持ちで思い出せる時がくる。

ページ上部へ戻る