幸せを紡ぐ物語

  1. 物語【赤い花】最終話

    背の高い若者は、そっと腰を屈めて娘の前に赤い花を差し出しました。「あなたが悲しみの中にいるとき、必ず助けにきます。もしも空から赤い花びらが舞ったら、私があなたを見守っているときです」若者は娘に赤い花を手渡すと、その花びらを一枚ぷつりと抜いて口にくわえました。

  2. 物語【赤い花】第3話

    いつも一人で山に入っていた娘は、若者に会うことが待ち遠しくなりました。何を話すわけでもないけれど、若者のとなりに座って、若者が握り飯を食べ水を飲むのを見届けると、薪拾いの続きをしに行くのでした。若者は、娘の介抱の甲斐あって日に日に元気になっていきました。

  3. 物語【赤い花】第2話

    娘は自分の竹筒に冷たい滝の水をたっぷり汲むと、若者のもとへ急いで戻りました。そっと助け起こし水を飲ませてやると、若者は美味しそうに水を飲みました。次の日、同じ場所に行くと若者は木に寄りかかって座っていました。昨日よりも具合が良さそうでしたが、まだ生気のない顔をしています。

  4. 物語【赤い花】第1話

    あるところに、気だてが優しくて働き者の娘がいました。娘の家はとても貧しかったので、村の学校へも行かず、小さな妹や弟の面倒を見ながら毎日家の手伝いをして暮らしていました。娘は今日も父さんに言いつかって、一人で山へ薪を拾いに行きました。

  5. 物語【in blue】最終話

    途切れない日常と非日常。海の底の透明感と静けさの中で漂う人魚は、日常も非日常も知りません。濁った海面から見るあの人は、なぜ恋人を失ってまで働くのでしょう。涙も一時のドラマも、何もなかったかのように海はさざめいています。

  6. 物語【in blue】第3話

    ある日人魚が公園を見ると、いつも男性が休んでいるベンチに女の人が座っていました。しばらくすると高層ビルからあの男性が出てきて、その女の人と何か話し込んでいます。「あの人の恋人だわ」人魚はちょっぴり胸が痛みました。

  7. 物語【in blue】第2話

    「あ、またあの人だわ」人魚は高層ビル群から繋がる海沿いの公園に目をやりました。男性は毎晩のように遅い時間、仕事を終えるとこの海沿いの公園のベンチで、ほんの10分だけ物思いに耽ってから帰宅するのです。男性は今夜も、自動販売機でコーヒーを買うと、ベンチに座り疲れた様子で一息つきました。

  8. 物語【in blue】第1話

    濁った都会の海の、深い深い底。その深さが汚れを消し去った後には限り無いブルー。この都会の海の底に、人魚が住んでいました。人魚は、今日も海面に浮かび人間たちのドラマを垣間みています。立ち並ぶ高層ビル、水面に写る深夜でも消えないビルの明かり、時間を忘れて働くビジネスマン。

  9. 物語【ある光】最終話

    「君の光を失った人たちはみんな、人生のチャンスを得たんだ。光を求めながら、自分で暗闇の道を選んで歩いていてはダメだって、気がつくはずだよ。誰かに照らしてもらわなくても、自分で光の道を選んでいくべきなんだ。」彼女はびっくりしたように目を丸くして、僕を見つめた。「うん、そうだね。

  10. 物語【ある光】第6話

    「いないんですか?入るよ」といって、部屋に入ると、ベットの上にぼんやりと座り込んだ彼女がいた。「あ、ごめん。チャイムの音、気がつかなかった」そういって僕を見上げた彼女の左の頬は腫れて、赤くなっていた。「どうしたの?誰に殴られたの?」「うん。昨日のお客さん。

「幸せを紡ぐ絵」松本圭の公式LINE

お友だちになっていただけるとうれしいです(^^

松本圭のインスタ

フォローお願いします☆

@kei_atelieropal

ページ上部へ戻る